【今年こそ!冷えに負けないワタシを作る30の方法 中医学編】その3

お腹を温めるポイントとコツ「冷えの解消&ストレス解消で 一石二鳥!」

お腹は ご存じの通り 生きていくための栄養を消化吸収するための臓器があるところ
冷えていて良いわけがありません!

お腹を冷やさない はよく知られていますが
もう一歩進んで、お腹を温めましょう♪

・腹巻をする
・湯たんぽやホッカイロを当てる(低温やけどに注意!)

このお腹にある内臓、実は周りを大きな筋肉で覆われています

筋肉の働きは、身体を動かすだけではないんです
実は、とても大切な役割を担っています
それは
熱を発生させること!

大きな筋肉は、熱を発生させやすいのですが
それも血流がよくなっていればこそ その効率がUPします
血流をよくするために、まずは温めてあげましょう
運動でいうところの、ウォーミングアップですね
このひと手間を加えることで、身体は自ら温まるという本来の機能を活かしやすくなるのです

ちなみに
お腹を温めると、精神的な安定も得られます
就寝時の湯たんぽはもちろん、
日中、仕事や人間関係でストレスを感じたときにもお腹を温めてみてね
冷えの解消ができる&ストレス対応能力がUPする 一石二鳥ですね♪

今日もお読み頂き、ありがとうございました
cozy blue の ちえ でした☆

【今年こそ!冷えに負けないワタシを作る30の方法 中医学編】その2

腹式呼吸のススメ「呼吸を意識して、体のめぐりを整えよう!」

冷えを取りたかったら
冷えとりの努力を実らせたかったら、
呼吸を意識してみましょう

具体的には
腹式呼吸をし、吸う時の倍以上の時間をかけて細く長く息を吐く
まずはこれだけ!

ポイントは 吐く息に意識を向けること
鼻から深く吸って、口から長く吐く
ゆっくり吐くのが苦手な人は、ストローをくわえてみてね
ストローに息を通せば、嫌でもゆっくりになります

これを1日のうちに1回でも2回でも取り入れることで、
副交感神経が刺激され心身の緊張がとれて血行が良くなるのです

 

ね、かんたーん♪♪
呼吸は、意識し過ぎるとうまく酸素が取り込めなくなってしまう方もいるので
できる範囲から始めてみましょう
例えば、深呼吸3回とか5回とか、ね

新しいことを取り入れるのはなかなか抵抗があったり
ハードルが高いなーって場合も
これなら大丈夫、だって呼吸は毎日してることだもん♪

呼吸法は、それだけで何かを変えようというより、
ツボ押しや他の健康法を併用するのがおススメです
呼吸法で健康に働きかける効率UPを狙いましょう♪♪

今日もお読み頂き、ありがとうございました
cozy blue の ちえ でした☆

【今年こそ!冷えに負けないワタシを作る30の方法 中医学編】その1

時間も手間もお金もかからないツボ刺激で体調改善「冷え性に効果のあるツボ」

手足が冷えると、何がツラい?
女性からよく聞こえてくるのが「歩くときに痛い」という言葉
そう、冷えた足でヒールを履くと、痛いんですよね

そんな時は、足のゆびの付け根の間 水かき部分を手の指でつまみましょう
これだけでイタイ!という方はその状態でキープ!深呼吸を3回頑張って!

余裕があるわーという方は、つまんだままゆっくり5まで数えてみましょう
1から3ではつまんでキープ
4で引っ張り・・・5で指先にチカラを入れたまま抜く!

冷えるなーと感じたときや
靴を履く前
テレビを観ているとき
片足4か所、両足で8か所あるので、3回・・・できれば5回繰り返しましょう

この部分には八風というツボがあります
足の感覚や痛みを和らげるツボとしても知られています
また、ここは動脈も静脈も枝分かれする場所でもあるので
ここを刺激すると足先の血流を促進することができます
血流が良くなると、筋肉や組織にも栄養が行き渡り、活動が盛んになります
そうすると温度が上がる という理屈です
さらにさらに、筋肉の端っこがある場所なのです
筋肉は端っこを解すことが全体を柔らかくするのにとても有効
柔らかい筋肉は血流も良くなりますから、温まりやすくなります

このツボの嬉しいところは、
試した方には分かってもらえると思うのですが・・・
刺激している間にどんどん足が温まってくるのが分かる
と感じる方が多いということ
(効果を保証するものではありません)
必要なのは、ご自身の手と足だけ
他の道具は一切必要ありません
だから、いつでもどこでも実践できちゃう

もう、このツボを使わない理由はありませんね♪

末端の冷えを改善するのはなかなか手ごわいもの
でも同時に
末端の冷えは自分でも気づきやすいから、対処もしやすい♪
外出先などで足を出せない時は、靴下やストッキングの上から押しましょう

足の末端の冷えの改善は、美脚への第一歩!

今日もお読み頂き、ありがとうございました
cozy blue. の おうち中医学セラピスト かさまちえ でした☆

生理前が辛い!PMSを緩和しよう

今日のポイント

・イライラするなぁ〜と思ったら、手の真ん中をジワ〜っと押し込む
・ 婦人科系といえば三陰交 ついでにもうちょい上(地機)もプラスして冷え対策
・お尻の割れ目のすぐ上を温める 仙骨には下半身の冷え(生理前・中の不調の大敵)や、女性器系のトラブルの治療によく使われるツボが並んでいるよ

「こんばんわ。かさま先生!いつもパンダ君がお世話になっています」

「あらあらパンダ君ママ。こちらこそいつもありがとうございます。今日はパンダ君はどうしたのかな?」

「生理前でついついイライラしちゃってささいなことで喧嘩に」

「あらあら、そうなんですね。生理前イライラしちゃったりしますよね。

PMSは1か月の過ごし方の結果報告のようなものなの。PMSで毎月困っているな~って場合は、冷えをやっつけることに意識してみて欲しいな。

先週もパンダ君にちょっとお話したけど、冷えは「とる」ことも大事だけど、「冷やさない」ことがとってもとっても大切。」

「冷やさないこと?」

「そう、冷やさない事が大事なの。

生理が近づいたら色々な症状が出るのは、正常なことでもあるんだけど、それが不快なのはやっぱり困るよね。

「不快な症状」ってどんなものかと言うと・・・人によって様々。お腹が痛くなる人もいるし、腰が重くなる感じがする人もいる。イライラしたり、くよくよしたりする人もいる。なーんにも感じない人もいる。人と比べることじゃないから、自分の体に丁寧に向き合うことを意識して欲しいなと思ってるよ」

「自分の体に丁寧に向き合う。なるほど。今まであまり意識してこなかったんだけれど、イライラ怒らないで!とパンダ君に言われてハッとしたりするの。

私そんなにイライラしていたのかな?と自己嫌悪に陥ったりして。。。」

「人と比べることじゃないって言われても、やっぱり気になるよね。

胸が張る、肌荒れ、強い眠気に襲われる、便秘や下痢、頭痛、食欲不振や食欲過多、肩こり、腹痛なんかが一般的かな

精神面に影響が出るのも多くて、どうにもならないイライラや落ち込み、やる気が出ないとかもそうだね。

そういえば毎月同じような症状が出るな~って思ったら、生理と関係があるかも。」

「そういえば毎月生理前にイライラしているような・・・。」

「PMSや生理が精神面に影響するってことを知らない人も多いの

そんな中でどうしようもないイライラや落ち込みは辛さ倍増

そんな時には、手のひらの真ん中にあるツボをマッサージ

温かいお茶が入ったコップやペットボトルも、手のひらの真ん中にしっかり当てるように持つといいよ

ゆっくり深呼吸しながら手の真ん中をゆっくりじっくりマッサージしてね」

「手にツボがあるのね。知らなかった!」

「手は押しやすいでしょ。
足にもあるのよ。生理痛やPMS、女性特有の困りごと対応に有名なのが「三陰交」や「地機」というツボなの」

「へー!こんな所に女性に大切なツボがあるのね」

「ツボ部分を冷やさない・温めるだけでもケアになるのよ。

そうそう、温めると言えば・・・

よく下半身を温めるためにお腹にカイロを貼っている人を見かけるけど、もう少し下に付けるといいなぁ~と思うことがあるよ

特に、女性器系のトラブルを抱えている人は自分が思っているよりも下!子宮もみんなが思っているより下の方にあるんだよ

「生理前や生理中の不快症状やトラブルは、人それぞれ。

生涯を通して困ったことがない人もいれば、色々な対策をためしてもイマイチな人も。

冷えが大きな原因になっていることがあるから、身体を温めると楽になることもあるよ。身体を動かすと楽になるっていうのも、身体を動かすと巡りがよくなるからだと考えられるね」

「かさま先生色々ありがとう。体を冷やさないよう気を付けてみます。パンダ君にも謝らなきゃ」

・イライラするなぁ〜と思ったら、手の真ん中をジワ〜っと押し込む
・ 婦人科系といえば三陰交 ついでにもうちょい上(地機)もプラスして冷え対策
・お尻の割れ目のすぐ上を温める 仙骨には下半身の冷え(生理前・中の不調の大敵)や、女性器系のトラブルの治療によく使われるツボが並んでいるよ

月・水・金で更新中!こちらもよろしくね!https://www.facebook.com/cozyblue.ouchichuigaku/