使い捨てカイロの効果的な使用方法とは?

【今年こそ!冷えに負けないワタシを作る30の方法 中医学編】その9

熱を持続的に発生させる。

冷えに悩んでいる方におススメしたいのが、適度な運動。
軽く汗をかく程度の軽い運動を続けましょう。
・・・・・・
それが簡単にできれば、悩んでないよ って話です。
さらに、「運動してるけど冷えるよ」って方もたくさんいらっしゃいますね。

運動によって体が温まる。これって、「筋肉」が熱を作り出すからなんです。
が、
慢性的に冷えている

血管が収縮している=血流が悪い=筋肉に十分な栄養が行き渡らず活動量や代謝効率が少ない

さらに冷える
この悪循環があると、なかなか体の隅々まで・・・持続的に・・・とはいかないですね。

中医学から考えられる体を温めるツボはたくさんあります

とりあえず、お嫌でなければ
お手軽なのは(ちょっと経済的な負担はあるけど)
触って冷たい場所に使い捨てカイロを貼る!
触って冷たくない状態を作り出すって大事です

ただし、これは末端にはオススメできません。末端は一時的な使い捨てカイロの使用をオススメします。
背中・腰・お腹・お尻・太もも・場合によってはふくらはぎ など、大きな筋肉がある部分の中から、「ここ!」という場所を選んで貼りましょう。触って冷たい場所、ここが温かければいいのになと思う場所であればOKです。

もちろん直貼りは絶対ダメです。
下着などの上から貼ってくださいね。
熱すぎないか心配だったら、小さな使い捨てカイロから始めてね。もしくは、あてる時間を短めにしてね。
不快だったらすぐに外せばOKです。
我慢する必要はありません♪
手足が冷たい〜〜と悩む方の多くは、そもそもそこまで熱が行き渡らないシステムが構築されていることが多いです(施術経験から)。

手足を刺激するのも大事ですが、体の中心部分にも解決のヒントがありますよー。

 

ふともものツボ「風市」ふうしの秘密「体の中から温める?筋肉を動かして代謝をUP!」

【今年こそ!冷えに負けないワタシを作る30の方法 中医学編】その5

冷えをとるとは、
内側から熱を発生させられる もしくは うまく循環させられる 体質になること

すると・・・
自然に代謝がUP

だから・・・
冷えだけじゃなく、肥満対策もできちゃう!!

そのために 打ってつけの場所があるんです
それが太もも

太ももでつい気になるのはセルライト・・・脂肪の塊ですが
その下には、とっても大きな そして日常生活で動かしやすい筋肉があるんです!

ね?
筋肉の集まり それが太ももなんです

冷えない身体に欠かせないのが、自ら熱を発することができる ということ
熱を発するために、必要なのが 筋肉の動き なのです

太ももの筋肉を動かすために
有名なのがスクワットやウォーキング
四つん這いで片足を胸から後ろに動かすヒップエクステンションなどです

太ももに触って冷たいなーと思う方は、運動で作り出した熱がすぐに外気で冷やされないように
脚が隠れる服がおススメです
ただし、汗をかいたらちゃんと拭くことが重要ですよ

さて
さらに、太もものみならず全身の代謝をUPさせるためのいい方法があるんです
それでこそ おうち中医学!

そのツボとは・・・ 風市(ふうし)

太ももにあります
え、これじゃ分からない?
そりゃそうですよね

探し方はとっても簡単♪

気を付け!の姿勢で、身体の真横に伸ばした腕を沿わせた時に
中指の先が触れるところ です
筋肉の溝が見つけられたらBEST!

ここを ぐ~~っと押す(中指で押すと疲れるので、場所を見つけたら親指で押すのが楽♪)、
またはグリグリと小さく円を描くようにもむといいですよ
このツボも、ゆっくりじっくり 深呼吸しながら
お風呂などで10分くらい刺激するのもいいですし、
一日中 いつでも気が付いた時に押す習慣をつけるとなおヨシ♪です
お灸にもおすすめですが、灰が落ちやすい場所なので横向きになって行うなど工夫が必要です
私は、この部分にホッカイロをくっつけちゃいます(火傷に注意!)

実はこのツボ、足腰の疲労にも効くので
立ち仕事やお買い物の後などにもおすすめですよ

今日もお読み頂き、ありがとうございました
cozy blue の ちえ でした☆

時間も手間もお金もかからないツボ刺激で体調改善「冷え性に効果のあるツボ」

【今年こそ!冷えに負けないワタシを作る30の方法 中医学編】その1

手足が冷えると、何がツラい?
女性からよく聞こえてくるのが「歩くときに痛い」という言葉
そう、冷えた足でヒールを履くと、痛いんですよね

そんな時は、足のゆびの付け根の間 水かき部分を手の指でつまみましょう
これだけでイタイ!という方はその状態でキープ!深呼吸を3回頑張って!

余裕があるわーという方は、つまんだままゆっくり5まで数えてみましょう
1から3ではつまんでキープ
4で引っ張り・・・5で指先にチカラを入れたまま抜く!

冷えるなーと感じたときや
靴を履く前
テレビを観ているとき
片足4か所、両足で8か所あるので、3回・・・できれば5回繰り返しましょう

この部分には八風というツボがあります
足の感覚や痛みを和らげるツボとしても知られています
また、ここは動脈も静脈も枝分かれする場所でもあるので
ここを刺激すると足先の血流を促進することができます
血流が良くなると、筋肉や組織にも栄養が行き渡り、活動が盛んになります
そうすると温度が上がる という理屈です
さらにさらに、筋肉の端っこがある場所なのです
筋肉は端っこを解すことが全体を柔らかくするのにとても有効
柔らかい筋肉は血流も良くなりますから、温まりやすくなります

このツボの嬉しいところは、
試した方には分かってもらえると思うのですが・・・
刺激している間にどんどん足が温まってくるのが分かる
と感じる方が多いということ
(効果を保証するものではありません)
必要なのは、ご自身の手と足だけ
他の道具は一切必要ありません
だから、いつでもどこでも実践できちゃう

もう、このツボを使わない理由はありませんね♪

末端の冷えを改善するのはなかなか手ごわいもの
でも同時に
末端の冷えは自分でも気づきやすいから、対処もしやすい♪
外出先などで足を出せない時は、靴下やストッキングの上から押しましょう

足の末端の冷えの改善は、美脚への第一歩!

今日もお読み頂き、ありがとうございました
cozy blue. の おうち中医学セラピスト かさまちえ でした☆

生理前が辛い!PMSを緩和しよう

今日のポイント

・イライラするなぁ〜と思ったら、手の真ん中をジワ〜っと押し込む
・ 婦人科系といえば三陰交 ついでにもうちょい上(地機)もプラスして冷え対策
・お尻の割れ目のすぐ上を温める 仙骨には下半身の冷え(生理前・中の不調の大敵)や、女性器系のトラブルの治療によく使われるツボが並んでいるよ

「こんばんわ。かさま先生!いつもパンダ君がお世話になっています」

「あらあらパンダ君ママ。こちらこそいつもありがとうございます。今日はパンダ君はどうしたのかな?」

「生理前でついついイライラしちゃってささいなことで喧嘩に」

「あらあら、そうなんですね。生理前イライラしちゃったりしますよね。

PMSは1か月の過ごし方の結果報告のようなものなの。PMSで毎月困っているな~って場合は、冷えをやっつけることに意識してみて欲しいな。

先週もパンダ君にちょっとお話したけど、冷えは「とる」ことも大事だけど、「冷やさない」ことがとってもとっても大切。」

「冷やさないこと?」

「そう、冷やさない事が大事なの。

生理が近づいたら色々な症状が出るのは、正常なことでもあるんだけど、それが不快なのはやっぱり困るよね。

「不快な症状」ってどんなものかと言うと・・・人によって様々。お腹が痛くなる人もいるし、腰が重くなる感じがする人もいる。イライラしたり、くよくよしたりする人もいる。なーんにも感じない人もいる。人と比べることじゃないから、自分の体に丁寧に向き合うことを意識して欲しいなと思ってるよ」

「自分の体に丁寧に向き合う。なるほど。今まであまり意識してこなかったんだけれど、イライラ怒らないで!とパンダ君に言われてハッとしたりするの。

私そんなにイライラしていたのかな?と自己嫌悪に陥ったりして。。。」

「人と比べることじゃないって言われても、やっぱり気になるよね。

胸が張る、肌荒れ、強い眠気に襲われる、便秘や下痢、頭痛、食欲不振や食欲過多、肩こり、腹痛なんかが一般的かな

精神面に影響が出るのも多くて、どうにもならないイライラや落ち込み、やる気が出ないとかもそうだね。

そういえば毎月同じような症状が出るな~って思ったら、生理と関係があるかも。」

「そういえば毎月生理前にイライラしているような・・・。」

「PMSや生理が精神面に影響するってことを知らない人も多いの

そんな中でどうしようもないイライラや落ち込みは辛さ倍増

そんな時には、手のひらの真ん中にあるツボをマッサージ

温かいお茶が入ったコップやペットボトルも、手のひらの真ん中にしっかり当てるように持つといいよ

ゆっくり深呼吸しながら手の真ん中をゆっくりじっくりマッサージしてね」

「手にツボがあるのね。知らなかった!」

「手は押しやすいでしょ。
足にもあるのよ。生理痛やPMS、女性特有の困りごと対応に有名なのが「三陰交」や「地機」というツボなの」

「へー!こんな所に女性に大切なツボがあるのね」

「ツボ部分を冷やさない・温めるだけでもケアになるのよ。

そうそう、温めると言えば・・・

よく下半身を温めるためにお腹にカイロを貼っている人を見かけるけど、もう少し下に付けるといいなぁ~と思うことがあるよ

特に、女性器系のトラブルを抱えている人は自分が思っているよりも下!子宮もみんなが思っているより下の方にあるんだよ

「生理前や生理中の不快症状やトラブルは、人それぞれ。

生涯を通して困ったことがない人もいれば、色々な対策をためしてもイマイチな人も。

冷えが大きな原因になっていることがあるから、身体を温めると楽になることもあるよ。身体を動かすと楽になるっていうのも、身体を動かすと巡りがよくなるからだと考えられるね」

「かさま先生色々ありがとう。体を冷やさないよう気を付けてみます。パンダ君にも謝らなきゃ」

・イライラするなぁ〜と思ったら、手の真ん中をジワ〜っと押し込む
・ 婦人科系といえば三陰交 ついでにもうちょい上(地機)もプラスして冷え対策
・お尻の割れ目のすぐ上を温める 仙骨には下半身の冷え(生理前・中の不調の大敵)や、女性器系のトラブルの治療によく使われるツボが並んでいるよ

月・水・金で更新中!こちらもよろしくね!https://www.facebook.com/cozyblue.ouchichuigaku/

インフルエンザの季節が到来!免疫アップの仕組みとおうちで出来るセルフケア

「インフルエンザの季節だね。」

「身体の「免疫」が正しく働いていないときに病気になるの。「抵抗力」とも言うね。免疫がしっかり働いていなければ、どんな季節でも病気にはなるんだけど、秋はこの「免疫」の働きが乱れやすいんだよ。だから、秋や冬は他の季節よりもかぜやインフルエンザが流行しやすいの。」

「簡単にかぜやインフルエンザにかからないようにする方法はあるのかな?」

「例えば、首筋と背中を冷やさないのが大事!ストールやマフラーを巻いたり、カイロ貼るのもおススメだよ。ただ低温やけどに注意してね。必ず衣服の上からよ!」

「どうして首筋や背中なの?」

「それはね、その部分に「かぜの入り口」と言われるツボ(風門)や、免疫の働きに影響を与えるツボ(肺兪)があるからだよ。」

“インフルエンザの季節が到来!免疫アップの仕組みとおうちで出来るセルフケア” の続きを読む

肩や首のコリコリは、腕から癒す!「肩こりや美肌効果もあるツボを押してみよう!」

肩や首のコリコリは、やっぱり腕から癒す!!
今度は肘の上をモミモミ。
ここには肩こりだけでなく、美肌効果もあるツボがあるんです♪♪
二の腕のたるみが気になる私のような人は、
ついでに脇の下まで手を滑らせてリンパの流れも刺激しましょ。